株式会社 光コム研究所 代表取締役 工学博士 朝枝 剛

光周波数コム(Optical Frequency Comb)とはその文字の通り櫛の歯状に等間隔で並んだ多数の光周波数スペクトルを持つレーザ光です。わたしたちはこの技術で世界一の企業となることを目指しています。
1940年代に発明されたレーザは現代の産業と情報化社会にとって欠かせないものとなりました。レーザの発展を振り返ると短パルスレーザの開発、周波数安定化レーザの開発という二つの方向がありました。
短パルスレーザは光の指向性、エネルギーの集中性、高速性を特徴とし、周波数安定化レーザは光の単色性を特徴とします。これらのレーザはそれぞれの光の異なる特性を利用するものでありお互いに関係がないものと思われてきました。
この常識を覆す製品が光コム発生器です。光コム発生器は高精度の周波数安定化レーザとスペクトルが一本一本正確な間隔で並ぶ超短パルスレーザの両方の特徴を持つ人口の虹です。両方の特性を合わせ持つ光コム発生器は光計測、光通信、医療画像計測、科学技術研究などへ多様な応用が期待されており、弊社の製品はこれらの分野ですでに利用されています。
世界一の企業となるために私たちは企業理念に従って行動しております。

01 技術
わたしたちは、独創的な技術で新しい光の世界を切り開く開拓者であり続けるため、常に未知の領域にチャレンジするとともに、最先端技術により光周波数の事業分野でオンリーワン企業を目指します。
02 社会貢献
わたしたちは、顧客満足度の向上や問題解決に当たっては事実を直視し、誠実に対処することを通じて社会に貢献します。また、最先端技術を易しい表現でコミュニケーションすることによって知識を広く社会に還元し、光科学の知的探究心に応えて行きます。
03 経営
わたしたちは、企業倫理を重んじ常に事業の目的と課題を明確にして改革、改善に取り組みます。そして変化に対応するためスピードとコスト意識を高め、株主、顧客、社員の相互利益を追求する効率経営を目指します。

       光コム ... 「人口の虹」で、光の新時代を創生します。