CIRがスイッチファブリック市場を2008年に15億ドルと予測

6/17, 2004 CIRが最近発表した調査レポートによると、電気/光スイッチングファブリックの世界市場は今年の95100万ドルから2008年には15億ドルに成長する。市場拡大の背景には企業の投資が引き続き堅調であることがある。Ethernetやマルチサービスボックスに用いられるデバイスの製造は予測期間中にかなりの成長が期待できる、とCIRは見ている。

CIRのレポートの中で最も重要なセグメントは、現状ではエレクトロニクスだ。標準的なインストールベースのSONET/SDH ADMとクロスコネクトは減少することはないが、このセグメントからの新たな収益の可能性はない、というのがCIRの見方。その代わり、システムメーカーの注力は、キャリアが導入する次世代システムへの移行、ITインフラ導入の復活にある。CIRの見方では、2005年は「次世代」ネットワーキング市場の展開が始まる時代、サ-ビスプロバイダと企業ネットワーキングの担当者が高速のポートやマルチサービスができるポートを搭載した次世代製品を買い始める時代となる。このようなポートには、まさに最新のスイッチングファブリックが使われている。スイッチングファブリックが製品生命を決定する要因となっているので、OEMベンダは、プロトコルが変ってもスケーラブルであり、簡単に対応できるスイッチング技術を搭載したプラットフォームを導入したがっている。

シスコがProcketの持つIP、エンジニアリングチームなどを買収

6/17, 2004 シスコシステムズ(Cisco Systems)はプロケット・ネットワークス(Procket Networks, Inc.)から知的所有権(IP)、大部分のエンジニアリングチーム、一部の資産を買い取ることで最終的な合意に達した、と発表した。

プロケット・ネットワークスは、ルータメーカーで、シリコンやソフトウエアの開発で秀でている。この買収によって、シスコは知的所有権ポートフォリオを強化し、実績のあるシリコンとソフトウエアアーキテクチャを手にすることになる。

合意条件によると、この買収に対してシスコは現金で8900万ドルを支払い、大部分のエンジニアリングチームを吸収し、エンジニアはシスコのルーティング・テクノロジーグループに帰属することになる。

テルコーディアにソフトスイッチのパテント

6/14, 2004  テルコーディア・テクノロジー(Telcordia Technologies, Inc.,)は、パケットベースのネットワークでメディア接続を実現する方法とシステムのUSパテントを取得したと発表した。同パテントに含まれる先端的開発は、VoIPの提供では極めて重要なものであり、テルコーディアが最先端技術開発で先頭を走っていることを示すものである、と同社は説明している。なお、このパテントのライセンス供与は可能となっている。

「従来のTDMコンポーネントをパケットベースのコンピューティング環境に解消しようとするテルコーディアの取り組みは、ソフトスイッチ技術の一番最初の導入にも先行したものだ」とCurrent Analysisのシニアアナリスト、Joe McGarvey氏はコメントしている。

業界のアナリストによると、世界の企業が投資するVoIPサービスは年に170億ドル以上になり、これはIP PBXHosted IP サービスに分かれる。この内、120億ドルがUS市場となる見込み。

テルコーディアのパテントとなっている方法は、ハードウエアに依存しないシステムで、パケットベースのネットワークでの通信の管理、サポートのために複数の機能をカバーするもの。このソフトスイッチアーキテクチャは、VoIPだけでなく、ボイス・オーバーATM、テレビ会議、データ転送、電話、ビデオもしくはその他のデータのダウンロードをもカバーする。

テルコーディアのパテント申請は1997年。

Kodeosがさらに600万ドルの投資資金を獲得

6/18, 2004  10Gbpsで通常の2倍の伝送距離(160km)を持つトランスポンダを開発したこと知られるコデオス(Kodeos Communications Inc.,)は、シリーズA増資ラウンドでさらに600万ドルの投資を獲得した、と発表した。同社がHighland Capital PartnersJerusalem Venture Partnersから獲得した投資資金は、Comericaからの借入金も含めて2200万ドルを超えた。

コデオスの技術を用いると、メトロや地域ネットワークの導入コストが半減する。これは、10Gbpsの伝送距離を通常の2倍に拡大したネットワークエレメントを可能とする技術だからだ。

「サービスプロバイダやシステム開発者はネットワークの経済性と柔軟性をさらに向上させようとしているので、コデオスのソリューションは非常に魅力的だ。コデオスのリンクは200kmまでは分散の影響が無視できるため、分散補償のコストやエンジニアリングなどが不要となる」とHighland CapitalJon Auerbach氏は指摘している。


コメント:

コデオスは、すでに
OFC2003で分散補償やFECなしで160km伝送のデモンストレーションを行っている。OFC2004では310km伝送のデモを行った。これは、同社が開発したDouble Reachという新しい変調技術を採用することによって、通常の光コンポーネントを用いながら達成した成果である、と言われている。従来のNRZRZなどとは違う変調方式(マルチレベルコード)を採用することで伝送距離を延ばすソリューションは、コデオスの他に、AznaLLCなどにも見られる。EDCFECを用いれば、伝送距離がさらに延びることは明らかだが、これらのベンダの説明を信じると、他の補償技術なしで200km程度の距離ならカバーできる。大幅なシステムコストの削減が期待できそうだ