Pirelli completes Farice System (Milan Dec.4 2003)

Farice海底ケーブルシステムはPirelli社により、2003年11月29日、成功裏にFARICE Hf社(Iceland Telecom社とFaroese Telecom社とのジョイントベンチャ会社)に引き渡され、主に国際インターネット、音声、データ通信需要増に対応しインフラ整備されたものである。

アイスランドのFaroe島とスコットランドを1400kmで結ぶ中継機能付システムで、初期伝送容量は20Gbps、最終的に720Gbpsまで増設アップグレード可能である。海底敷設ケーブル、中継装置、分岐ユニットはイタリアのPirreli社がフルターンキーベースで受注し設計製造された。

海底ケーブル敷設は、新たに進水させた海底ケーブル敷設船のPertinaca号で、テレコムイタリアグループのElttra社が担当、北大西洋域におけるケーブル敷設上の厳しい基準をクリアした。

Farice Systemの設計製造敷設成功は、現在 地中海、中近東 および 東南アジアで進展中の各種海底ケーブルプロジェクトに対し、海底中継機能のあるなしにかかわらず、ターンキーベースで海底プロジェクトをこなしうるPirelli社の実力を世界に示すものとなった。