Santur社がHarris社へチューナブルレーザの供給契約締結
(Fremont,CA、2003年12月11日



高信頼、低コストの通信用レーザのサプライヤである米国Santur社は、通信装置メーカーで、OEMおよびサービスプロバイダ向けデジタルトランスポンダを開発しているHarris社へ、全CバンドをカバーしたチューナブルLRおよびLHトランスポンダ用レーザの供給契約を結んだ。

Harris社のJerry Wood氏(Program Manager, Optical Programs, Government Communications Systems Div.)はSanturの信頼性のあるDFBアレーを使用したチューナブルレーザ技術とその管理チームはHarris社に貢献していると語っている。

一方Santur社のDr.Jim Doty, VP, Salesは、我々がグローバルテレコム市場に高信頼レーザを供給することに自信を深め、かつHarrisとパートナーを組むことにより顧客の生産が急増することは喜びであると語っている。